先日、ガソリンも無いし、そろそろタイヤの空気圧も見てもらおうかな〜なんて思いながら、いつものようにガソリンスタンドに行きました。


そこで、いつものように、



タイヤの空気圧見ましょうか?


と声をかけてきました。


ただ、いつもと違ったことが一つ。


空気圧を見ましょうか?と声をかけてきた人が、そこのスタンドではちょっと上の立場っぽい人(名札がみんなとは違うおじちゃん)だったこと。

(以下、この人のことをメカニックと書きます)

空気圧のチェックをお願いするとすぐ、運転席近くのタイヤを見て、


「ちょっとこのタイヤだけ、空気甘そうだな〜」


そう言ってきました。


スポンサーリンク



この時点で少しだけ違和感を感じたのですが


「え〜そうですか〜?この前ディーラーで点検したばっかりなんですけどね〜」


「ディーラーの点検はタイヤの圧なんて見ませんよ」


そう言われ、そのままタイヤをチェックしてもらいました。


私がセルフでガソリンを入れ終わると、


「やっぱりこの1本だけ空気甘かったから、どこかパンクしている可能性があるよ。10分くらいで検査できるから見ておきましょうか?」


私は違和感を感じつつも、まぁ本当だったら困るし、特に急いでいなかったので検査をしてもらうことにしました。

万が一その場でわざとパンクさせられたら嫌だから見ていたかったけど

店内の椅子に座って待っててというので仕方なく店内へ。


ガラス越しに、高々と持ち上げられた私の車が見えました。


数分後・・・


「ちょっといいですかっ!」と手招き。


勝ち誇ったような清々しい顔をしたメカニックが私を呼びに来ました。


「やっぱり抜けてるっぽいですねぇ」


予想した通り、洗剤水をかけられている私のタイヤ。


でも、半分くらいはまったく濡れていない・・・


「ここ、少しですけど、細かい泡が出てきているの分かりますか?」

そこには手でちょっと擦ったらできそうな、かなり細かい泡?これを泡というのか?という泡。


もしこれが小さなパンクだとしても、今日、今、ここでタイヤを買うつもりはない私。


確かに小さなパンクが広がって、重大なバーストに繋がったら大変なのは分かるんだけど…


「けっこう危険な状態かも知れませんね・・・早めに取り換えた方が良いですよ」


(やっぱりこれはタイヤを買わせる作戦か?タイヤ全部濡れてないし・・・)


「このサイズのエコタイヤ、今かなり売れてるんですよー。少し前に全体的に値段が上がったんですけど、うちに1セットだけ、値上がり前のが残ってるんで、値上がり前の価格でご提供できますよ。」


(ほらキターーーーーー!!)


「ちょっと、すぐなんで見積もりだけ出してみますね!」


私の返事なんか待たずにさっさと見積もりを出しに店内のレジ付近へ行ってしまったメカニック。


今思えばこの隙に、中途半端に検査されたタイヤをパチリと撮っておけば良かったと後悔の嵐なのですが・・・


メモ用紙片手に戻って来たメカニック。


「今ならこのお値段でご提供できます!かなり安いですよ!他ではまずない値段です!」


エコタイヤ4本で○万円と書いてありました。


「ちょ〜ど1セットだけ残っているので、お客さん運が良いですよ〜」


ワンセットっていうところがますますアヤシイ・・・


私が、


「今日の今、ここで買うというのは無理なので、考えます。でも1セットじゃすぐ売れちゃいますね〜」


と言うと、なななんと!!


「(小声で)実は、もう1セットあるんですよぉ〜」


(キタキタキタ−−−−−−−−−−−−−−−−−−!!)


これは私を騙そうとしている!!そうに違いない!!


そう思った瞬間でした!


私がウソで、


「この後、〇時までに職場に戻らないといけないので今日は帰ります」


そう言うと、自分の名刺に今の見積もり価格をメモして私に渡しました。


「じゃータイヤ、戻しちゃいますけど・・・いいですか?」


「はい、お願いします」


「危険なので、早めに取り替えた方が良いですよ。不安なまま乗るの嫌でしょ?」


そう言われ、ガソリンスタンドを後にしました。



一応、本当にちょっとずつ空気が漏れていたら困るので、数日後に某ショップで空気圧を見てもらったところ、4本とも同じ圧ちゃんと入っていました。


その3週間後、また見てもらったところ、やはり空気圧に偏りはありませんでした。


とりあえずスローパンクなど、今のところ兆候はありません。


1本だけ空気が甘い


ガソリンスタンドでこう言われたら要注意!?かもしれません。


大切な愛車のタイヤのことなので、自分でちゃんと普段から気にしていた方が良いと思います。

リコもだいぶおばあちゃんなので、体力を考えてなんとなくシャンプーの回数を減らしていました。



そろそろ肛門腺しぼりをしないとだし、シャンプーもしてあげたい・・・



急な思い立ちで、シャンプーすることにしました。



最近は脚力が無くなってきていて、シャンプーの時も常に胸を支えていないと座ってしまうので以前より大変。



気持ちいのか具合が悪いのか!?洗面器に溜めたお湯の中で横になって、ジーッとしていました。


スポンサーリンク



息子が、リコ息してるよね?って心配するほど大人しくて、長湯も負担になるかもしれないので、手短にシャンプーを終了。



乾かしたあとは元気に走り回っていつも通りだったのでちょっと一安心。



でも、大好きだったジョージ、満足犬のぬいぐるみを探そうとしなくなりました。



もうすっかり忘れてしまっている・・・



一芸もできなくなったし、ちょっと残念(T_T)



リコの幼犬時代をしらない息子は、リコが小さい時を実際に見たい!といつも言っています。



リコの方が2年先輩なので無理な話(笑)



ゆっくりおばあちゃんになっているリコですが、やっぱり我が子は可愛いな〜♪


チワワのリコ

スポンサーリンク


Selected Entry


TOP画−チワワのリコの画像

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM