繊細でおしゃれなイメージ(我が家の勝手なイメージです)のミヤマクワガタを捕まえ飼育してから、息子は


「もうノコギリとかコクワだったら飼わない」


そう誓いました。


先日、私の職場の駐車場でたまたまノコギリクワガタの亜種を見つけたのですが、さすがにもう飼わないと思って放置して帰宅。


息子に話すと一瞬、興味があるような顔をしていましたが、ノコギリの亜種もヒラタの亜種も飼ったことがあるので普通に話は終わりました。



そして先日、洗濯ものを干そうとベランダに出ると、エアコンの室外機にノコギリクワガタがくっついていました。


息子には黙っていようか迷ったのですが、意外と大きなノコギリクワガタで形も良かったので教えてしまいました…。

スポンサーリンク


思った通り、一応飼う!って言い出し

一応ってなんなんだよ(笑)


せっせと飼育道具を引っ張り出して準備完了。


こういう時はやたら行動力がある息子なんです。


実は今年に入ってさすがにもう昆虫は飼わないであろうと判断した私は、栄養価の高い昆虫ゼリーの余りを全て捨ててしまっていたので、エサがもうないよと伝えました。

ところが息子は違うゼリーを隠し持っていたのです(笑)


まぁ、自分で世話をしてくれるなら好きにすればと私的には放置ですが、忙しい時間の合間にちゃんと世話ができるのか?


まさか再度クワガタを飼うとはね〜


しかもノコギリを。

パッと見は7センチくらいあるかと思いましたが、ありませんでした。

ノコギリクワガタ

スポンサーリンク


Selected Entry


TOP画−チワワのリコの画像

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM