夜の16号を走っていた今月のある日。


私は左車線を走行、私の前方にも車が1台、一定の車間距離を保って走っていました。


すると右車線をバイクが飛ばして行ったと思ったら、いきなり私の前方の車の前を横切って左折、お店の駐車場へと入って行きました!


前方を走っていた車は急ブレーキをかけ、ムンクの「叫び」のような形相でバイクを見ていました。


もちろん私も急ブレーキですよ。


本当に非常識なバイクにムカムカ( `ー´)ノ



その数日後・・・


やはり夜の16号。


信号に引っかかって、何気なくルームミラーを見ると・・・


後ろの運転手さん・・・顔が無い!?(◎_◎;)


そんなまさか(笑)


やっぱり無い!!目も鼻も口も無い!!


でも何度見ても肌色一色の、のっぺらぼう(◎_◎;)


なんだか怖くなってきて・・・


で、少しすると顔を上げた!!( ゚Д゚)


ツルピカ頭のオジサンが、下を向いていただけなのでした…ホッ。


笑いは随分後からきました(笑)



そしてその数日後、またしても夜の16号。


もうこれは史上最高にヒヤリハット事件!!


スイスイ流れていてそこそこみんなスピードも出てていい感じに走行中。


左車線の車が私を抜いていったな〜と思ってちょっとしたら、


信号も何もない場所で、私の視界の左側からヨロヨロ歩いて現れたおじいちゃん!


手には何やら紙を持っていて、前しか見ていなくて・・・


ブレーキを踏んでどうにか轢かなくて済んだけど・・・てことは中央分離帯も渡って来た???

よく反対側車線で無事だったなぁ。


たまたま私があの速度であのタイミングだから間に合ったけど、殺人をしていたかもと思うと、いや、むしろ殺人にならなかったのが奇跡というくらいのタイミングだったので、後から恐怖心が沸いてきました。


なんとなく痴呆症の方のような気はしていますが、あんな場所を渡っては危なすぎる!!


もう、本当にやめて欲しい。


そんな危ない16号のお話でした。

スポンサーリンク


Selected Entry


TOP画−チワワのリコの画像

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM