リコと暮らしてもうすぐ17年。

まだまだ自分で歩けるのですが、だいぶ介護してる感じになってきました。

チワワだからこんな感じだけど、もっと大きな犬種だったらまた違うだろうなーと思います。


老犬になってもやっぱり可愛い…


足が弱ろうが、食べ方が下手になろうが、手がかかろうが、やっぱり我が子は可愛いですね。


チワワは長生きする子で20年くらいと何かで読んで知っていました。

なのでリコをお迎えする時は、この先私がウン歳くらいになるまでは一緒だ〜でも歳は取りたくない〜

そんな気持ちでした。

あれから私の年齢も、10の位が2歳も増えました(;^_^A


リコに出会った時にはまだ産まれてもいなかった私の子供が中学生ですからね〜


時が経つのはあっという間。


最近のリコの状態を見て感じた事があるので、チワワの介護としてまとめてみようと思いました。


チワワの介護というよりも、犬の介護として当てはまると思います。


◆白内障などで視力が落ちるので、壁伝いに行動したりします。なので家具の位置を変えるようなお部屋の模様替えはしない方がいいと思います。

◆フードボウルは床に置くのではなく、フードテーブルなどを使いお皿の高さを保ってあげる。

◆トイレトレイの僅かな段差が上手く越えられなかったり、粗相をしやすいので、トレイを使わず新聞紙やビニールの上にトイレシートを直置きにする。

◆ワンちゃんの体力的にシャンプーする機会も減ってくるので、身体を拭いてあげたり部分シャンプーなどをこまめにする。

◆家のあらゆるところの隙間に入って出られなくなることがあるので、隙間を作らないようにしたり、目を離す時はより安全を確保してあげる。

◆食欲がない時はサプリメントを使ったり、匂いを感じやすいように軽く温めたフードを与える。

◆逆に何度も食べたがる時は、回数を分けてあげる。


リコの場合はこんな感じです。


後ろ足が弱ってペタッとお姉さん座り状態になって、誰も居なくて気付いてあげられないと、そのまま立てずに鳴いたり、時には寝てしまうこともあるリコです。


でも割とまだ部屋を歩き回っているので介護と言っても入口に過ぎません。


そういえばもう何年もソファーに飛び乗ることもなくなったり、階段を上がろうとしてしまうことも無い…


走っている姿なんて随分見てないなーと、改めて感じました。


スポンサーリンク

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


Selected Entry


TOP画−チワワのリコの画像

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM