川越市にある我が家。


今回、経験したことのないくらいの台風がくるという事で、早々養生テープなどは用意しておきました。


結果的には前回の千葉県が大打撃を受けた15号の時よりも暴風の時間は短く、とにかく雨台風といった印象でした。


ここからは離れていますが、同じ川越市内在住の入間川付近に住んでいるママ友パパ友とグループラインで連絡を取り合っていましたが、数人は避難所へ行くべきか、とりあえず自宅2階に避難するか迷っていました。


とはいえ、安全な避難所までは距離がある、または橋を渡らないといけないのでとりあえずみんなが選んだのは自宅の2階で待機。


翌朝まで私はリコのお世話をしながら起きていましたが、我が家の周辺は幸いにも普段の強い雨の日とそう変わりはなく、ご近所でも被害は全くありませんでしたが、ニュースを見てビックリ!!

スポンサーリンク



同市内の、あまり土地勘のないところでしたが越辺川の氾濫により高齢者施設が浸水しているではありませんか。


昔から長年ご近所に年住んでいる人たちからは、


「この辺りは地震にも強いし、水も上がらないから安全だよ。」


と伝えられていましたが、とはいえ数十年に一度の災害危機ということで、簡単に鵜呑みにするわけにはいきませんでした。


が、きっと…おそらく…家は大丈夫だろうと、過ごしていました。


いったいどこがどうなるのか想像もつかない中で、結局我が家は特別に水や食料を大量に買いだめする事も無く、台風の時を迎えたのでした。


暴風域に入った時間帯、音がうるさかったのでみんな眠れずリビングでテレビを観ていました。


リコはスヤスヤ眠っていたので助かりました。



台風の中心が差し掛かったころ、すごく静かになったのでとりあえず家族は各部屋に退散。


私はリコの面倒をみるためにリビングに残り、台風の目から外れるにしたがってまた暴風が吹き荒れると思っていたのですが、ずっと静か…。


結局そのままピークは過ぎ去って、東北の方へと進んで行きました。


夜にラインで連絡を取り合っていた友人たちもみんな無事。


ただ、行きつけの、車で数十分で着くお店周辺が水没している写真が送られてきて唖然…。


数時間後、別の友人から、そのお店の中の様子の写真が送られてきてショックを受けました。


商品棚まで届いてしまいそうな浸水。


これはしばらくお店は営業できないであろう衝撃的な写真でした。



我が家から一番近い川が入間川なので入間川の心配ばかりしていましたが、市内では越辺川が氾濫とは…。


ちなみに入間川はここからは離れた場所で氾濫しました。


ハザードマップは数年前から度々気にしていたので、今回もこの辺りは大丈夫だと思っている反面、いや、今回ばかりは分からないぞという気持ちもありました。


一晩リコと一緒に、各地の痛ましい被害状況をテレビでみながら、これ以上被害が起こらないでと祈るように過ごしました。


これから先もきっと色んな天災が起こると思うと怖いです。


命さえあれば、と言いますが、実際は命があっても家が無くなり家財も無くなり、車も壊れて断水、停電なんて、苦痛は想像を絶すると思います。


ショックと疲労の中での片付け作業…


きっと辛すぎます。


今回自分が無事だったのも運が良かっただけ。明日は我が身。感謝です。


今後もこの学びを生かしてみんなで命を守るしかありません。


救助にあたっている消防の方々にも頭が上がりません。


と同時に、山梨のキャンプ場で行方不明になった美咲ちゃんの事もずっと心の片隅にありました…。



翌日はさらに東京、千葉、埼玉、神奈川に住む学生時代の友人たちの無事が確認できました。


秋田のおばあちゃんも、川越が浸水しているニュースをみて、心配で連絡をくれました。


私の大切な人が無事だったこと、命があることに感謝しかありません。


亡くなった方々のご冥福と、その身内の方々が少しでも早くいつもの日常を取り戻せるよう、心よりお祈りいたします。

スポンサーリンク

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


Selected Entry


TOP画−チワワのリコの画像

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM