昨年末から右上の親知らず付近が痛み出した私。


年に1回くらい痛くなることがあったけどいつもすぐに治まるので、今回もそんな感じだろうと思っていました。


それが大晦日には、口も開けづらくなって。


開くんだけどゴリゴリって音がするし、普通に食事するのに口を開けると痛い。


不意にあくびをすると痛っ!って感じ。


年末で歯医者さんはお休みだし、顎関節症やら親知らずの痛みやらネットで調べて過ごしました。


ストレスが原因とも書いてあって、確かに昨年は悪い事ばかりですごいストレスを自覚していたけれど、それでもこんなにハッキリと症状が出るもの?と物理的な原因があるはず!と思っていました。


この親知らずの手前数本の歯は、10年くらい前に若いヤブ医者に治療され、どうやらただの知覚過敏だったのに、削っても治らず神経を抜かれ余計に状態が悪くなりました。


そこを何とか修復してもらい、ストレスなく過ごせていたのですが、久々の歯の不快感。


なんだかんだ食事は摂れていましたが、憂鬱な年越しをしたのでした。


お正月休みが終わったら予約を入れよう!と決め、診察が始まるのを心待ちにしてました。


待ちに待った診察の日・・・


自分では、親知らずが痛いから顎関節症のような痛みが出ているんだと勝手に思っていたのですが、歯科医によると、親知らずはどこも悪くなってないと。


私は、そんな馬鹿な!っていう気持ちでしたが、とりあえずハイハイと先生に従って、言われた通りお風呂に入った時に顎のストレッチをしました。


知覚過敏を防ぐ処置をしてもらって、噛み合わせを調整してもらって・・・


一週間後、再び予約が入っている日にはほぼ治っていました!!


顎関節症を改善するストレッチが効いたのか、噛み合わせの調整が効いたのか、どっちもなのか。


とりあえず治ったのでホッと一安心。


あれだけ丁寧に磨いていたのに小さな虫歯が見つかったことはショックでしたが、小さいうちに見つかってラッキーかな。


歯も定期的にメンテナンスしたほうが良いですね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


Selected Entry


TOP画−チワワのリコの画像

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM