この頃は近辺のカラスがすごく賑やか。


カラスも子育て中なので餌を捕まえるのに必死。


そして私と息子の目の前で、大口を開けて泣き叫ぶスズメの雛をくわえたカラス・・・


離れたところに持って行き、足で踏み押さえて羽をむしりながら雛を食べるカラス。


きっとツバメの雛やムクドリの雛も同じように襲われているのでしょう。


でもカラスだってきっと必死で子育てをしているのだから。


そんなバトルが頻繁に起こっている今日この頃。


数年ぶりに我が家にもツバメが巣をかけました。


スポンサーリンク


先日から毎朝、卵の殻が落ちているので立て続けに雛が孵っていると思われます。


数年前、ツバメによるツバメの子殺しに遭い、さらに昔はカラスにやられ、もっと昔(自宅が違います)は蛇にやられるのを目の当たりにした私。


色々対策をしても、ツバメがツバメを殺しに来るのは防ぎようがなく・・・


巣を作られないようにと、いつも巣をかけるポイントをスーパーの袋を細工してわざと揺れるように不安定な状態にしたのですが、今回はガッツリ作りました。


ご近所さんにも言われますが、どうしてもココが良かったのでしょうね。


雛が孵りはじめたので今回も網でカラス対策をしました。


カラス対策をするベストなタイミングは、雛が孵り始めてすぐ!


私はそう思っていつも対策をしています。


雛が孵る前だとツバメは育児放棄をしてしまう可能性があるから。


危険を感じ、巣を放棄するということもご近所さんで見てきています。


なので雛が孵ってからがベストなタイミング。


カラスは頭がいいので「雛の食べごろ」を知っています。


経験上、あまり小さな雛は襲われにくいかと。


卵の殻が落ち始めた頃がカラス対策のタイミングです!

ツバメのカラス対策 タイミングとは

あり合わせの網なので見た目がアレですが。


カラスは頭が良いですが、ちょっと不器用。

ツバメのようにホバリングができないので、巣と網の距離はカラスの羽がぶつかる幅で&首を伸ばしても巣まで届かない距離が大事です。


ヘビ対策もイイ案があるのだけれど・・・

スポンサーリンク


Selected Entry


TOP画−チワワのリコの画像

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM