認知症であろうリコ。


暑くても窓際で寝ていたり、最近は寒くて床がひんやりしている時でもどこでも急に寝てしまいます。


このままでは今後絶対風邪をひいてしまう・・・


潜るタイプのふかふかベッドは上に乗っかってしまうし、そもそもハウスの中にヒーター入れてもこれではきっと床で寝てしまいそう。


寝ているリコをそのまんまの形で抱っこしてベッドに置いたり、ハウスに入れたりして寝るようにはしていますが、夜中徘徊したらそのままハウスの外で寝てしまいそう。


ケージを使うのもトイレの関係でうまくいかないと考えられるので悩むところです。


チワワのリコ お昼寝


今日もこうしてダイニングの変なところで寝ています(-_-;)


前は絶対にリコ用座布団かクッションって決まってたのにな。


スポンサーリンク

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

チワワを含む小型犬のフードは色々あります。

特別に調合して作ってもらったり、アレルギー体質対策や、毛のツヤ、涙焼け対策として色々と考えたり、カンガルーの肉が良いなど、拘った高級なフードを食べさせているオーナーさんも多いですよね。


チワワの食事量は少ないので、より高級志向になる傾向があると思います。

スポンサーリンク


ですがリコのフードは至って普通・・・。


便が固くなったりしていくつか種類を変えていく中で、老犬になるまでは主にアボダーム。


そして老犬になってからはもう少し小粒な小型犬向けフード。


そして今はフワフワした柔らかいフードを、さらに手で細かくして与えています。


16年間、ほぼずっと続けてきたフードの与え方は、ドッグフード(ドライ)に茹でて細かく刻んだキャベツと茹でたささ身をトッピング。


十数年このごはんでリコは過ごしてきました。


歯が悪くなり、抜けたりして本数も減り、食べ方も下手になっているので少しでも食べやすいように、今はパンの様な柔らかフードにしてあげています。


幸い一時期よりも食欲はあるのですが、やはり後ろ足の衰えは顕著になってきています。


抱っこしてた後に下に下ろした後など、ブルブルっと身体を震わせ、その勢いでゴロン!と完全に倒れて起き上がれなくなってしまったり、便をする時もどんどん後ろにバックして座ってしまったり。


ちょっと支えてあげると大丈夫なのですが、お留守番中に便をしている時はトイレシート複数枚並べた全範囲に渡ってあちこちにしている事もあります。


前は絶対に自分の便を踏まないようにしていたリコですが、それも今では自分で動きをコントロールできないようで、踏ん張りながらよろけて動き回ってしまいます。


でもやはり、我が子はいくつになっても可愛い!!

息子と違って反抗期もないので育てやすい(笑)

チワワのフード、リコのごはん

スポンサーリンク


Selected Entry


TOP画−チワワのリコの画像

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM